« 岡山豪雨 | トップページ | 患者様からの便り »

2018年7月17日 (火)

ボランティアの心得

災害があった後、すぐに梅雨明けをして夏がやってきました。私はこの連休を利用してボランティアに参加してきました。

現在、避難所には全国からの支援もあり食べるものも十分あるようです。今、困っていることは住居が水没したあとの片付けです。(災害ゴミ問題)処分場も道路の端にも高くゴミが積みあがっていました。被災された家はとても家族だけでは片付けれそうにありません。天井をつついたら泥水がシャーッと落ちてきます。泥水の中、手分けしてゴミを外に出しました。被災された方から『熱中症にならんように気をつけてなぁ、本当にありがとう』と仰ってくださいました。自分のほうが泣きたいだろうに。

これからボランティアへ参加される方は熱中症対策として飲み物を最低2リットルは持参してください。熱中症になって周りの方にご迷惑にならないようにしなければなりません。また、長靴やゴム手袋(軍手はべちょべちょになって使い物になりません!)が役に立ちます。あと車が通ったあとは粉塵も舞い上がりますのでゴーグル・マスクは必須ですよ。あとは頑張りすぎて長時間作業しないことです、20分作業したら10分休憩をとるのがコツです。

1

2

3

4

5

« 岡山豪雨 | トップページ | 患者様からの便り »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ