• Photo_6
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2
  • Photo
  • Img_20170524_095214_3
  • Img_20170524_094732_2
  • Image2_3
  • Image1_3

2014年10月29日 (水)

Baby shower

産休中のナースまきちゃんと事務の ののたんが

生まれたBaby連れて遊びにきてくれましたsign03

Baby2

3人目のベテランママさんと 初産で新米ママさんの組み合わせで
いろいろと育児情報交換にも話に花が咲いていたようです。

Baby3

生まれたばかりのこの子達が大きくなる頃に
明るい未来が待ち受けているように
我々の世代が 少しでも良い社会を残してあげたいものです。
より良い状態で、安心して自宅で過ごせるような在宅医療を提供することで
我々はその役割を果たしたいと思います。

2014年4月 5日 (土)

三寒四温

子供の勉強している4字熟語のプリントに 三寒四温という字をみて、

正直言ってこんな4字熟語があることを
これまで知らなかったことに少し焦りを覚えたのですが、・・・
3日寒い日が続いた後4日暖かい日が続くような春先の気候のことをいうのだそうで
まさにここ数日の気温の変化を表しているように思えます。
診療に向かう車で 後楽園の横の桜並木を通るたび
つい桜にみとれてしまいますね。

2

いつもは“早く信号変われー”とか言っている衛生会館前の土手の道も

この時期だけは 信号待ちも ゆっくりゆったり構えて 窓の外の花を愛でています。

1

衛生会館前の 桜の天井?! 

2014年3月 2日 (日)

春の息吹2

患者さんのお宅に訪問したとき、
春の訪れを知らせる変化をもう一つ、御家族から教えて戴きました。
自宅の裏庭からとれたもの、それは・・・・・

Photo

これ。

「細かく刻んで 味噌汁に入れたりしてもいいですよ~ 」と聞いて帰りました。
診療同行していた ナースなかちゃんも 見るのは初めてということでしたが、
次の日聞いたらなんと! 家に持って帰って中学生の子に
これ何かわかる?と言って見せたら
ちゃんと「ふきのとう」という答えが返ってきたのだそうです。
なんでも 学校で理科の時間?に習ったのだとか。
ふきのとう♪といえば
現物よりも 私には その昔、フォークソングを歌っていた
2人組のデュオ「ふきのとう」のほうがなじみがあったりします。
医者1年生の頃に岡山にコンサートに来たとき、一度だけ行ったことがありました。
 「011」 っていう、中古で買ってきたレコード(CDじゃなく)持っていて
「奴凧」 とか、「案山子と人と烏」 とか、ちょっとかわった面白い唄も入っていましたね。

 
(やさしさとして 想い出として)

2014年2月16日 (日)

春の息吹

患者さん宅の玄関先に綺麗に咲いている梅の花をみつけました。

こういうちょっとした季節の変化を患者さんや家族とお話するのも
またひとつ、診療時の楽しみでもあるんですよね。
といっても、花のことなどはよくわからないので 看護師任せですが、
梅くらいはわかるかな・・・・(笑)
白梅に紅梅に・・・。

White_2

Red_2

2014年1月 5日 (日)

「一病息災」を目指して

12月から山陽新聞夕刊にコラム「1日1題」を毎週木曜日に担当しています。

字数制限があるのですが、短い文章で言いたいことを伝えるのが非常に難しくて
なかなか苦労しています。
夕刊を購読している人は私の知る限りほとんどいないだろうから
大丈夫かなと(何が・・・?って?!)思っていたのですが、
患者さんの御家族から 読みましたよ~ とか言われることがあったりして
なかなか気が抜けません。
編集委員さんのOKもあったので、このブログでも記事を少しずつ紹介します。

1_2


病院とは、診断と治療に特化した非日常の空間である。
診断や治療を受けることが入院の当初の目的であっても、入院した以上はやはり退院して「家」に帰ることが目標になる。


 手術した患者さんが回復して元気で帰ってゆく退院の日の嬉しそうな姿をみることが外科医としての喜びであったのだが、がん専門病院に勤務して、治らない病ゆえに最期まで非日常の世界から出られない人達を知り、その望みは一様に「ありふれた日常」に戻ることであると気付いた。
 自宅に医療のサポートがあれば療養の場として病院でなく「家」を選べる。
症状が重くても治療できることがなくても、やっぱり家がいいと願う患者さんに自宅で過ごすという選択肢を持ってもらいたい。その思いから
1年間の研修を経て2010年に在宅医療に特化した診療所を開設した。

 

外来診療は全く行わず、通院が困難な状態で在宅医療を必要とする患者さんだけを対象として、「出前診療」の如く朝から訪問診療に出かけている。
 脳卒中後遺症の麻痺や老衰で歩けない高齢者から末期癌まで病気の種類や年齢は様々。車に必要な道具器材を積みこんで朝から看護師と一緒に患家に赴く。
病気の診断や急性期の治療は設備の整った病院で行ったほうがよいが、ひとたび状態が安定すれば病院での医療と連携しながら「一病息災」を目指して在宅医療の出番である。

2014年1月 2日 (木)

正月早々?

当院では日頃診療を行っている患者さんからの連絡は24時間態勢で受けていますが、

さすがに元旦はほとんど連絡もなく、みなさん落ち着いて新年を過ごされていたようです。
我々にとってもつかの間 安息日となりました。
2日には 誤嚥から高い熱を出したり 癌の痛みが強くなったり、と
調子を崩した患者さんからの連絡がちらほらと入り、
必要に応じ何件かのお宅や施設に出動。

Photo_2

病院に入院していれば当直医や交代勤務の看護師さんがいつもいるわけですが、
自宅で安心して過ごすためには 必要なときに診療できる体制が不可欠です。
大変な仕事ではありますが、当院看護師も当番体制を敷いて頑張っています。

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

新しい年を迎えました。

今年も より多くの患者さん・御家族の安心した顔、喜んだ顔に出会えるように
職員一同で邁進します。

Photo

2013年12月21日 (土)

ことしも ジョボレー?!

ことしも Tさんに貰ってしまいました。

Photo_6

去年、1月に
「せんせ、ジョボレー 持って帰られぇ・・・」 で書いた ”ボジョレ・ヌーボー”、
 
独り暮らしのTさんのところへ訪問に行った帰り際に
今年は間違えずにちゃんと、
 
「ぼじょれー、もって帰られぇ・・・」 といって渡してくれました。
 
あれからはや1年になります。
 
お礼を伝えたときのT さんの嬉しそうな顔が
 
今年もみられて、よかった、よかった。

2013年11月30日 (土)

秋の気配

ある施設で見かけました。

Photo_3

なんでも、スタッフの方が山の散策に出かけたときに拾ってきた

松ぼっくりや木の枝やドングリを使って作ったものらしいです。

Photo_4

松ぼっくりの頭にドングリの鼻と帽子・・・

Photo_5

トトロみたいな生物?それともメジロ?

拾ってきたものをここまでに作り上げる、創造力に脱帽です。

こういう頭の使い方をしたいですね。

2013年11月22日 (金)

趣味の作品

國富先生が 診療から帰ってきて 

「これ、Cさんに戴いたんですよ♪ 子供の椅子に、と・・・」
 
といって嬉しそうに大きな紙袋の包みを見せてくれてくれました。
 
中には 國富先生の2歳の子が座るにはちょうどよい高さの、綺麗な椅子が。
 
家からほとんど出ることなく過ごしているCさんが
 
暇に任せて趣味で草履やら椅子やら
 
いろいろ作られているのは知っていましたが、こんな立派な椅子も手作りで。
 
趣味のモノづくりが 誰かに喜んでもらえると、生きがいにつながりますね。
 

From

國富先生の好物のコーヒーと いただいた子供用の椅子。
 
中には牛乳の紙パックを35枚使ってあるそうで、とても軽いです。
 

最近のトラックバック

無料ブログはココログ